9

ここ最近では特に副流煙や受動喫煙による健康被害が報告されてきていますね。
私は禁煙は成功した物の、長い間喫煙者でしたのでハッキリ言って気にしていませんでした。

禁煙する事により、タバコのにおいが気になる様になり、また、禁煙外来に通院するようになってから、色々調べました。

喫煙者にはただの迷惑極まりない事だと思います。なぜかというと、普通にコンビニなどですぐに手に入れる事が出来るからです。

「そんなに迷惑な物だったらタバコなんて最初から売らなければいいのに」

と思いますよね?
手軽に手に入ってしまうから吸ってしまい、そのままニコチン中毒に・・。

私はそうでした。17年間も。

10年以上前はまだ、普通に道端で吸ってもなにも問題ない時代でした。
今考えると色々な条例なども整備されて分煙化が進んでいますね。

喫煙者にとっては常に煙草を吸える場所や喫煙所を常に考える時代になりました。

というより頭の中の第1優先が喫煙場所ですよね?

非喫煙者にとっては、まだまだかもしれませんが、分煙で副流煙などを受動喫煙しない環境が出来つつありますね。

今回私は禁煙成功しましたが、禁煙をするためにも、副流煙と受動喫煙についても調べました。

調べて行くと思った以上に吸わない人に迷惑をかけていることが分かりました。

あっち側からこっち側、17年間の喫煙者側から非喫煙者になってみるとより一層体感した事もあります。

今日は煙草の害についてお話ししていきたいと思います。
データがどうだとかリスク何倍とかそういうお話でなく実際の私が感じた体験を交えてお話しします。

禁煙しようとしている方は目を背けないで一読して頂くと気持ちの変化があるかもしれません。

煙草を吸わない人はこれだけ迷惑している!

煙草を吸っていない人はどのくらい迷惑しているのでしょうか?
吸っている時には気にもしていなかったですが、非喫煙者になると色々分かりました。

煙草の匂いって喫煙者が思っているよりも桁違いに臭い

タバコを吸っていた時の匂いって当たり前になっていますが、非喫煙者は普通の外でも10メートル以上離れていても気が付きます。そして臭いと感じます。

これホントです。喫煙していると全く気が付きませんでしたが、吸わなくなるとホントに臭い。
かなりの距離で気が付きます。

室内で吸った場合はとんでもなく臭います。

そして吸った人が通りすがるだけでもかなりの臭いがします。吸ってから10分位経った人でも臭いです。

「自分は口臭くさいくない」

と思っていませんか?タバコを吸っている人は必ず100%と言っていいほど口臭を感じます。
私も吸わなくなってから気が付きましたが、対面で普通に話しただけでタバコを吸っている人はほぼ100%臭います。ガムや飴を食べていてもいい香りの中にタバコのにおいがしっかり分かります。

これ、本当です・・・・。

副流煙を吸うと病気リスク大

副流煙って喫煙者にとってみると、
「別に・・大した煙じゃないじゃん・・・臭いなんて少ないし・・・。そんなおおごとの様に言われても・・・。」

とおもいませんか?私はそう思っていました。
そんな煙の臭いもしないし、1mも離れたら大丈夫でしょ?

と思っていました。

私は妻がいますが、近くに居ようと気にせず吸っていました。
さすがに部屋の中では換気扇の下で吸う様にだけはしていましたが・・・。

換気扇の下で吸いさえすれば大丈夫!
と勝手に思っていました。

調べてみると全然ダメでした。どうもタバコの匂いが残っている自体が問題だというのです。
有害物質は匂いにも含まれているのでたばこの匂い成分を嗅いでしまうだけでダメだというのです。

「そんなばかな」

とお思いでしょう。本当です。

受動喫煙させない為には?周りに迷惑をかけない為には?

なので結局どうすればいいかというと・・・

「タバコを吸っている人も、その近くにいる人も全員健康被害にあっています。」

という事が結論です。

副流煙は部屋では暫く滞在し、有害物質が臭いと共に部屋に残り、パートナーは受動喫煙をさせられ、全員で健康被害を促進している・・・。

という構図です。

ちなみに妻は非喫煙者です。
ごめんなさい。今まで。

「おタバコは吸われますか?」

「はい!」

と自慢げに言っていた自分が恥ずかしい。

と今では考える様になりました。

良く言う煙を吸うと非喫煙者に比べて病気リスク何倍とかいうやつ

良く言っていますね。受動喫煙させられると病気リスク何倍とか・・・。

死亡リスク何倍とか・・。

私はいつも思うのですが、人間はいつか必ず死にます。
もし煙草を辞めても来年には交通事故で死ぬかもしれない。天災で死ぬかもしれない。

煙草を吸っている事で、あの時コンビニへ煙草を買いに行ったから生き残ったとか・・・。

結局そうやって考えると将来の死亡リスク何倍とか意味があるんですか?と。

そう考えてしまいます。多分この考え方はタバコを吸いたいがための考えかたであり、言い換えるとただの言い訳です。

禁煙を成功してからは考えがかわりました。

「だって・・・タバコって臭いだけで人に迷惑かけるだけだし・・・。第一何でこんなに臭い物を喜んで吸っているの?」

と考え方が変わります。
あっち側からこっち側。両極端になります。

喫煙者の周りにいる非喫煙者の事を考えてみて下さい。

全然平気な方も中にはいますが、その方は日頃から副流煙を受動喫煙しているから平気なのであって、喫煙者と同じ状態であることを知ってあげてください。

そしてタバコが大っ嫌いという彼女がいたら、彼女が煙草をやめて欲しいと行って来たら・・・。

その人の方が正しいと思います。

心の中で「うっとうしい」とか思ってはいけません。
私は喫煙していた時は思っていましたが・・。

彼女はかなりの我慢してくれています。
そのくらいタバコを吸わない人にとっては迷惑な嫌な臭いです。
トイレの匂いをかがされている程の匂いに匹敵するかもしれません。

そんなトイレの匂いを身体にまとったあなたをそれでも好きと言って我慢してくれています。

それくらい我慢してくれていると思います。

なぜならそれは私の妻の話だからです。

禁煙が成功して落ち着いた最近になって「ごめんなさい」と言いました。

なので周りの方やパートナーの方の為に

「煙草を辞めてあげる努力をするべき」

です。

副流煙ををどれだけ吸ったら病気になる、とか

受動喫煙したら、死亡リスクが何倍・・・。とか

数値ではなく、確実に健康被害は出るというデータとパートナーが嫌がっているのですから。

それに従って煙草を辞める努力をしてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

副流煙と受動喫煙の関連のお話でしたが、ちがう視点からお話ししてみました。
この記事を見て頂いている貴方はきっとパートナーの方か、禁煙したい貴方だと思います。

禁煙はハッキリ言って辛いです。身体面はもとより精神的に大変です。
パートナーの方はイライラして当たられたりすることもあるかもしれません。

もともと我慢して禁煙できるのでしたら今はもう吸っていないはずです。

私は禁煙外来で禁煙成功しました。

禁煙外来とは一体どういうことをする?通院前に絶対知っておきたい3つの事

で詳しく説明していますのでご参考になさって下さい。

これを機に是非禁煙のチャレンジして成功する事を祈っています。

「たばこは百害あって一利なし」

です。そしてそれが分かっていても吸ってしまうものです。なので自分で辛い禁煙をするのではなくそれよりはるかに楽に禁煙出来る禁煙外来を私は進めます。