3

禁煙外来という言葉は貴方は既に知っていますね?
当たり前ですよね?

では一体何をしているかはわかりますか?
意外に知りません。パッチ?ガム?違います。

今は飲み薬です。基本朝と晩に飲むだけです。

では禁煙外来に行くと禁煙できるの?
答えは「ほとんどの人ができます!」

私は一日1箱から2箱は吸う中堅ヘビースモーカーを17年やってきました。
死んでも止められないと思っていました。

そんな私でも嘘みたいな話ですがタバコを止めれたのです!
スゴイでしょ?でも禁煙外来に行くだけであなたも出来ます!

一体、禁煙外来とはどのようなことをするのか?
を今日はあなたの予備知識として書き散らかしてみたいと思います。

汚い文章で申し訳ないのですが禁煙する気がある方や、

「ちょっと禁煙外来についてしゃーないので知っておいてやるか!」

という方は下の方まで一読下さい。タバコを吸う人の気持ち・・・。分かりますよ!

きっと、「もっと早く知っていたら良かったのに!」とか「これを機会に禁煙外来いきました!」
という方がこのブログを見て出てくることを祈ります。

そしてこれをきっかけに「禁煙外来いったらホントにタバコ止めれました!」
という勇者が現れることを祈ります。

それでは、禁煙外来とはいったい何をする所か?
病院によって差はあるかもしれませんが、大体一緒だと思いますので私の経験を書きますね。

まずはカウンセリング

禁煙外来最初はまずはカウンセリングから始まります。
私の場合は先生ではなく、事前に看護婦の人がヒアリングをしました。
その内容は主に、
・タバコを吸っている銘柄
・タバコを吸っている本数
・呼気中一酸化炭素濃度測定
をしました。

あとは事前に「禁煙のススメ」的な冊子が幾つか手渡されました。
「こんなのもらってもタバコ止められるわけないじゃん・・・。」
という気持ちMAXでヒアリングします。

看護婦が一日何本吸っているんですか?とか聞かれると嘘を言いたくなりますが、本当のままを伝えればよいです。
嘘をつく必要はまったくありません。

吸気一酸化炭素濃度チェック

次に吸気一酸化炭素濃度チェックというチェックをします。
これは 小さな機械に息を吐く部分がついていて、15秒間息を止めてから小さい機械の筒を口にくわえて大きく息を吐きます。
するとメーターが動きます。

このメーターの数値が
0-7 タバコを吸わない人
8-4 軽めにタバコを吸う人
15-24 中堅クラスにタバコを吸う人
25-34 いわゆるヘビースモーカーです。 ←私はここでした。
35以上 モンスターヘビースモーカーです。

私は28という数値が出て、いわゆるヘビースモーカーでした。
一日1箱から2箱、銘柄はほとんど、マルボロメンソールライトです。
ニコチン8mgです。中間ですね。

私の年代はマルメンライト派が凄く多くいて、そのままずっとでした。
ただ、私は、タバコが無い場合は、どんな銘柄でも平気で美味しく吸えてしまう特技がありました。

人生において全く無意味な特技です。

そして先生のカウンセリング

いよいよ先生のカウンセリングです。事前にチェックしたタバコ依存度を元に先生のカウンセリングがはじまります。

何を言われるのかドキドキしていると、以外にも簡単な説明。

「このチャンピックスという薬を毎日朝と夜に飲んでください」

「この禁煙手帳に、体重と吸った本数を毎日書いて下さい」

「次のカウンセリングは2週間後です。これを過ぎると処方したチャンピックスが切れてしまうので必ず通院して下さい。来なかったらそこで終了です。」

「あ、あとこれにサインして下さいね」・・え、ナニコレ・・。

そして禁煙宣言書なるものにサイン

なんだかんだで手渡された書類の中に、「禁煙宣言書」と掛かれた一枚の書類が・・・。
そしてそこには、

「私はニコチン依存症であることを認識し、禁煙の害並びに禁煙の効果を十分に理解した上で・・・月・・・日・・より禁煙することを宣言します」

とかいてあります。

そしてその日付は2週間後の日付・・・。

そんな・・・2週間で止められそうにないんですけど・・・・。と思いつつサインをする・・・。

実際これは演出的な物なので意味はありません。ただ意思確認をするだけですのでご安心を。

たったこれだけの宣言書にも恥ずかしながら嘘でもサインしたくない自分がいます・・・がとりあえずサインしてあげるか・・・な・・程度でサインしましょう。

ちなみにチャンピックスとは?

前述したところで出てきたキーワードの「チャンピックス」ですが、これは錠剤の薬です。
最初の一週間は1日1錠、それ以降は朝と晩一日2錠飲みます。

これを欠かしてはいけません。

欠かすと一瞬で元通りです。決めた時間で朝と晩にしっかり飲んでください。
このチャンピックスという薬はタバコの煙が嫌いになり、次第にタバコをすっても美味しくなくなるので要らなくなって禁煙成功。という薬です。

まさに夢の薬です。飲むだけで止められるなんて!

私の場合はヘビースモーカーなのでチャンピックスを飲んでも中々止められませんでしたが、薬を飲み始めて一ヶ月で0本になり、その後ずっと0本です。今でも0本です。

すごい!チャンピックス!飲み始めると徐々にタバコが信じられない位まずい味にだんだんなってきます。
自分でもビックリです。そのうち必ず吸いたくなくなる時がきます。

ホントに飲むだけで禁煙できるのですが、それだけの薬ですから、副作用があります。
その副作用についは後日またまとめますね。

一番の副作用は人によりますが「気持ち悪くなる」ことです。
私の場合は酔い止めも一緒に処方されました。
多分他の方も一緒だと思います。

酔い止めを一緒に飲む事で気持ち悪さは軽減されますので酔い止めは一緒に飲んでおきましょう。

そして禁煙手帳が渡される。この手帳はしっかり書いて下さい

禁煙手帳が渡されます。そして毎日体重と擦った本数を書く所があります。

・毎日擦った本数と
・体重

だけを書けばよいです。簡単でしょ?

これだけなのに意外に面倒だったりします。
ただシッカリ書くと軌跡が後で見る事が出来るので面倒と思わずに書きましょう。

あとは処方箋をもらってチャンピックスをもらって帰ってスタートするだけです。

処方箋と診察料:気になる禁煙の薬の価格は?どれくらいかかるの?

診療代と処方箋代金がかかります。
一般的な相場は8~12週間通ってで13,000円から20,000円程度と言われています。
ただ病院によって多少違うようです。

健康保険を使った禁煙外来は年に1回(MAX3か月間)だけです。2回目は実費になりますのでかなり高いです。
ですがこの1回をしっかり行えばほとんどの人が3か月以内に止められます。
逆にいうと止められない人の方が凄いくらいです。

なぜならチャンピックスによってタバコが超まずくなっていくので吸い続ける方が大変になってきます。
いつのまにか「何でオレ、こんなまずい物すってるの?」っていう日がきます。

その時にタバコが止められます。なので安心して下さい。

健康保険が効くので毎月のタバコ代と同じくらいで良いらしい位しかしりませんでしたが、実際私のタバコ代は禁煙する前は一ヶ月2万円弱位でしたので、意外に安い!と思いました。

タバコ止めた後は毎月タバコ代が浮くので私のような賃金の少ないサラリーマンには超絶生活が助かります。
だって毎月2万円浮くんですもの。年間24万を無駄にお金を使っていた自分がいまでは意味不明です。

海外行けるじゃん・・・。
好きな物買えるじゃん・・・。

毎日1箱2箱だと当たり前の様にお金が減っていきます。
ですがそれが当たり前なので意外に気がつかずおこずかいを消費していました。

しかし今では普段はおこずかいを全く使わなくなり、物を買う様になりました。

そして今ではコンビニに入ることもほとんど無くなりました。劇的ですね。

タバコを吸う人って大体コーヒーですよね?一日何本買っていますか?私は、タバコを吸っていた時は朝と昼と3時で3本です。だってタバコにコーヒーって当たり前でしょ?

意外にこのドリンク代の金額もかなり大きかったりします。

タバコを止めるとジュースを買う頻度って少なくなります。私はジュースを買わない日の方が多いくらいになりました。これもビックリ禁煙効果です。

禁煙は私にも出来たくらいなので禁煙外来さえ行けばあなたも出来ます!
ちゃんとこのブログを読んで知識を付けて禁煙に挑めば間違いなしできっとタバコを止められますよ。

まとめ:絶対にこれだけは守っておかなければいけない3つの事

はい。では最後にまとめです。

禁煙外来に行く前にこれだけは守っておかなければいけない事は、

1.手帳を書く

2.チャンピックスは必ず毎日飲む

3.通院は必ず行く

この3つだけは守らないといけません。
逆に守らなくてもいいことは、禁煙外来に通い始めてからもタバコは吸っていいということです。

これだけを守ればあなたは自然と禁煙に成功すると思います。

ここまで読んだあなたは不安が少しとれましたか?
禁煙外来に行ったその日からタバコは辞められるはずもありません。

「タバコを嫌になって自然にやめられる」様になるところがミソです。

なので上記の3点はしっかり守りましょう。
禁煙外来に通って失敗する人のほとんどがこれを守らなかったからです。

本当にそこだけだと思います。
禁煙外来に行く前にこれだけ守るという知識だけ付けていけば恐い物無しです。

そしてタバコをやめた方がどれだけ幸せかは禁煙に成功した人しか分かりません。
タバコを吸うよりも辞めたメリットの方が本当に大きいからです。

食事の本当のおいしさもわかりました。タバコを吸ったひとの口臭がそれほどひどかったのかも知りました。

今では私は毎日エアロバイクを漕いでから腕立て腹筋を毎日する生活に変わりました。
私の場合は肥満とコレステロールという問題が別にありますので・・・。

次回からは実際に禁煙外来に通い始めてからの経過についてお話ししていきます。

何度でも言います。
このブログを読んで禁煙外来に行こう!と思って頂ける勇者が現れんことを祈ります。